借金の時効について

借金の時効について

借金の時効について記事一覧

借金は何年間で時効となるか?

借金は、最後の返済日から一定の期間が経過すると消滅時効が成立します。その期間は、貸主か借主のいずれかが商法上の商人であれば5年となり、いずれも商人でない場合には一般的な債権として10年(民法167条)となります。したがって、消滅時効期間を判断する際には、貸主が商人であるか、借主が商人であるかどうかが...

≫続きを読む