カードローン利用限度額

カードローンの利息と借りいれ限度額

はじめてカードローンを利用される方

 

はじめてカードローンを利用される方は、ホームページを見ただけでは、仕組みがよくわからないという方多い思います。

 

始めに、実質金利ですが、普通は4%〜18%とか幅を持たせて記載されています。

 

では、いくら借入したら何%なのかホームページ上ではわかりませんね。

 

しかし、基本的には、借入金額が低いほ、実質金利は高くなり、借入金額が多いほど金利は安くなるのが一般的です。

 

カードローンはフリーローンの場合は、借入することができる上限枠を設定してあり、繰り返し借りたり、返したりできる仕組みです。

 

ちなみに銀行のカードローンの場合は、借入することができる上限枠を設定してあり、繰り返し借りたり、返したりできる仕組みです。借り入れ上限額が決められており、コースの限度額が低いほど金利が高いのは何故でしょうか?

 

限度額が数百万円などの高いものは不動産担保が必要なカードローンであったり、無担保型カードローンでも限度額の高いローンの審査に通る方は資産や収入状況が限度額の低い方より良い、いわば「返済の確実性が高い=銀行にとってリスクが低いお客様」なので、金利が安く設定されています。

 

いわば、そのようなお客は、銀行にとっては安全な優良お客になるわけですから金利が安く設定されています。

 

無担保での借入枠の設定は、年収の25〜30%が銀行の審査上の上限ですので、収入からおのずと申請できる上限額は決まってきます。

 

金利を少しでも安くする

 

借入枠を審査するときは、カードローンの契約先からの借入分だけでなく、全ての無担保借入・カーローン・クレジットカードのキャッシング枠・商品の分割払い分などを含めて審査の判断基準にします。

 

実際に使っていなくても「使える状態にある」借入可能な枠は全て、計算に含められますので、クレジットカードに使っていないキャッシング枠があればゼロにしておくほうが良いです。

 

それから、限度額が高い設定のカードローンの審査が通るようでしたら、なるべく高い限度額で申請したほうがいいでしょう。

 

上限の範囲内であれば、必要額だけ借りることができますから、たとえば上限50万円で10万円借りてもOKなんですね。

 

コース毎の金利は限度額いっぱいまで借りなくても同じ金利なのですから、金利の低いコースで借り入れ限度枠を作っておくのが良いでしょう。

 

関連ページ

総量規制とは
あなたは・・今すぐにでもお金を借りたいですか。そのお金は何のために必要なお金ですか。あなたはブラックリスト載っていますか。あなたは審査に通る人?または通らない人?キャッシングの審査は、意外なことがあります。 独身の人と既婚の人ではどちらが審査を通過しやすいと思いますか?