ブラック お金借りる 裏ワザ

多重債務者と「おまとめローン」の落とし穴

2008年に大変な事件が起こりました。それは、信用情報機関のデータが消費者金融の営業活動に悪用されていたというものです。

 

以前もお伝えしていますが、信用情報機関とは、キャッシング利用者の情報が登録されている外部の機関です。審査の際にはここに、申込者の個人情報のほか、借入情報や事故情報を問い合わせます。

 

そして、無理な借り入れをしていないか、多重債務に陥っていないか、きちんと返済できているか、などを確認します。

 

つまり、信用情報機関のデータは「借りすぎ防止」「多重債務防止」のために活用されるもので、営業目的で使うことは法律で禁じられています。ただし、罰則が設 けられていないのも事実なのです。

 

したがってこの情報を悪用する金融業者が存在しているのです。

 

ある多重債務者・吉田さん(仮名)のもとには、1日に何回も、いろいろな消費者金融から電話がかかってくるそうです。

 

信用情報機関のデータで、吉田さん(仮名)の借入情報を入手した企業ばかりです。そして電話口でこう言います。「自宅を担保に、当社でおまとめローンを組みませんか?金利も下げますよ」

 

 

実は吉田さん(仮名)、これまでに自宅を担保にしたおまとめローンを繰り返し、そのつど借入金額が大きくなり、とうとう多重債務者となってしまったのです。

 

このように書くと、まるで吉田さん(仮名)に浪費癖があるように思われるかもしれません。けれど、吉田さん(仮名)はギャンブルや浪費とは無縁のつつましい暮らしをしてきたのです。それではなぜ、こんなことになってしまったのでしょう?

 

始まりは、友人に頼まれて消費者金融で50万円を借りたことでした。友人はその50万円とともにすぐに行方知れずになり、吉田さん(仮名)が肩代わりすることに‥‥。そして数年がたち、借入額は600万円にもなったといいます。

 

「おまとめローン」と呼ばれる不動産担保ローンは、多重債務者を対象に、金利を下げて一本化する方法として広がっています。

 

しかし、借入額を担保価値の上限ぎりぎりまで増やすので、毎月の返済が困難になり、最終的に自宅や土地を失う人が少なくないそうです。

 

「おまとめローンを組みませんか?金利も下げますよ」こう言われたら、あなたならどうしますか?

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

借入は銀行系かノンバンク系かを決める