ブラック お金借りる 審査基準

その他の審査項目はどのようなものか

総量規制に沿った借入か

2010年に貸金業規制法という法律が施行され、「総量規制」により、(個人は)年収の3分の1以上の借り入れができなくなりました。(公的機関や銀行借り入れは総量規制からは除かれます)

この規制が施行されてからは信用度の高い会社に長年勤めていて、年収が何千万円あろうとも、年収の3分の1を超える金額の借り入れ希望が通ることは絶対なくなりました。

 

もちろん既に契約をしている方の追加融資も年収の3分の1までとなります。

 

 

住居は賃貸、独身で、年収が少ない場合でも、年収の3分の1までの借り入れ希望であれば、審査に通る可能性が十分にあるともいえます。

 

収入が多いか少ないかよりも、収入と借入金額の割合が重要になったのです。 

他社からの借入状況、過去の取引の状況

信用情報機関という所に、消費者金融や銀行などからの借入に関する情報や、クレジットカードの利用履歴などの情報が一括で登録されており、その人がいつ、どんな取引をしているのか、1人1人の情報が1つの画面で分かるようになっています。

 

では、今まで借り入れがなく、信用情報がきれいな状態が有利かと言うとそうでもないのです。過去に取引がある人の方が、今まで借り入れをしたことのない人よりも信用度が高いと判断される場合もあります。

 

 

信用情報がきれいな人は、過去に借金をしたり、クレジットカードを使ったりといった履歴がまったくないということなので、ちゃんと返済をしてくれるのか未知ですし、もしかしたらその名前の人物は実在ではないということも考えられます。

 

現在の消費者金融業者は、いくら貸し付けをするかではなく、いかに貸し倒れのリスクを避けるか、もしくは分散できるかに重点をおくようになってきているからです。

 

以上のように、その申込者の属性、信用情報からから、属性を数値化(スコアリング)して、契約できるかどうか、いくらまで融資できるかなどのことを各会社独自のシステムで計算し判断します。

 

そして数値化された結果が、審査している担当者のパソコン画面に表示されるわけですが、例えば、この顧客はスコアーが250ポイント、融資可能額30万円などと表示されるわけです。

 

では、これで30万円融資してもらえるかといえば、そうではありません。

 

最終的な判断は受付担当者に全てが任されている

最終的な判断は、その時に応対に出た受付担当者に全てが任されているからです。

 

受付担当者は電話で話しながら、実はあなたの人柄、性格、人間性、など、一般社会でも共通だと言えますが、常識的なものの喋り方や、返事ができない人と積極的に関わりたいとは思いませんよね。

 

ですから、受付の担当者には一般的な常識ある態度で対応できないかたは、最終決済にまわされた時に、いくらスコアーが良くても、そのときの対応に疑問を感じたり不信感を抱いたりすると、「この人はなんだか...」と一言添えたりすることがあります。

 

するとそれを聞いた決済担当の社員が、「うーん・・。じゃあこの人は50万じゃなくて、まずは10万円までの契約にしておこう」などと、機械がだした審査結果とは違った判断をする場合があるのです!

 

まずは「最終的な判断は受付担当者と決済担当者」がするということを認識していただきたいと思います。

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。