個人信用情報の開示請求の方法

個人信用情報の開示請求の方法

まずはあなたの個人情報がどのような形で登録されているかを知りましょう。

 

信用情報の開示制度とは

信用情報機関に加盟している金融機関からの借り入れ等の内容や支払状況などを確認できる制度です。
ご本人の情報が、現在信用情報機関に登録されているか、またどのように登録されているかを確認することができます。

 

信用情報の開示で確認できる情報

 

信用情報の開示でご確認いただける情報は、以下の情報です。

 

・氏名、生年月日、電話番号などの個人を特定する情報

 

・クレジットやローンなどの個人のお取引きに関する情報(利用金額、残高など)

 

・お取引きから発生する情報(支払遅延、法的手続きの有無など)

 

自己破産などがあれば当然記録されます。

 

この信用情報は,誰でも自分の分を信用情報機関から取り寄せることが可能です。具体的には,信用情報機関に対して,信用情報の開示請求をすることになります。

 

信用情報機関には,全国銀行個人信用情報センター(KSC),株式会社日本信用情報機構(JICC),株式会社シーアイシー(CIC)の3つがあります。この3つのうちのどれかに開示請求をすることになります。

 

どこの信用情報機関でも、方法はほぼ同じですが、例えばCICの場合は

 

インターネット開示(パソコンで開示)

 

CICでは、加盟しているクレジット会社等(会員会社)との契約の内容や支払い状況等の信用情報を開示しています。 パソコンを使ってご自分の情報が現在、信用情報機関にどのように登録されているかを確認することができます。

 

インターネット開示(携帯電話で開示)

 

CICでは、加盟しているクレジット会社等(会員会社)との契約内容や支払い状況等の信用情報を開示しています。携帯サイトからお客様ご本人の情報が現在、信用情報機関にどのように登録されているかを確認することができます。

 

郵送で開示

 

CICでは、加盟しているクレジット会社等(会員会社)との契約の内容や支払い状況等の信用情報を開示しています。ここでは、郵送でご自分の信用情報を確認するお手続きについてご案内いたします

 

窓口で開示

 

CICでは、加盟しているクレジット会社等(会員会社)との契約内容や支払い状況等の信用情報を開示しています。ここでは、窓口でお客様の信用情報を確認するお手続きについてご案内いたします
本人確認ができれば、いつでも開示請求ができます。
手数料が必要ですが、どこの信用情報機関でも1000円くらいです。

 

なお,開示請求手続の詳細は,以下のページをご覧いただき,不明な点があれば直接問い合わせて確認をしてから申し込みをした方がよいでしょう。

 

KSCの本人開示手続のページはこちら  

 

JICCの信用情報開示手続のページはこちら

 

CICの開示に関する問い合わせのページはこちら  

 

さて、これからが重要です。
あなたの個人情報がどのような形で登録されているかがわかったら、その問題点を一つ一つチェックして、なぜそうなったかを分析しましょう。

 

借入審査で属性を数値化(スコアリング)がパスして、オペレーターや担当者とのやり取りになった場合は、相手はその本人情報を見ながら、質問してきます。

 

悪い情報がある場合は、事前にチェックして、的確になるべく自分に有利になるような答えを考えておくのが、情報開示請求の意味があるのです。

 

 

また、情報に間違いがあれば事前に訂正申請をすることができますので、情報発信カード会社に問い合わせて正しい情報を載せるように、申告することができます。

 

 

 

 

 

信用情報機関にはどんな情報がどのくらいの期間保存されるのか?

申込に関する情報        ⇒ 最長6ヵ月間
契約、返済に関する情報     ⇒ 最長5年間
延滞、強制解約に関する情報   ⇒ その状態が解消されてから最長5年間
任意整理に関する情報      ⇒ 最長5年間
自己破産や個人再生に関する情報 ⇒ 最長10年間

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。