審査なし お金借りる方法

お金が借りたいがブラックのために審査通らない方の裏ワザ!

 

あなたはお金を借りたいのですか?

 

それとも、お金を借りたいが何かの理由で審査が通過しないのですか?

 

世の中には、お金が借りたいが、何らかの事情で借りることができない方がたくさんいます。

 

 

お金が借りたいがブラックのために審査通らない方の裏ワザ!はあるのでしょうか?
お金が借りたいが総量規制のために審査が通らない方の裏ワザは!あるのでしょうか?

 

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

 

テレビCMや駅の広告などでよく見かけるカードローンやキャッシング。
実際の利用者はどんなきっかけで、カードローンを利用しているのでしょうか?

 

 

最近でこそ、以前に比べて一般の方がお金を借りるということが
市民権を得たような気がしますが、

 

 

まだまだ、消費者金融からお金を借りるということに対して
「後ろめたい」という気持ちがあります。

 

どうしてもお金を借りたいが審査が通らない方へ裏ワザ教えます!

 

 

お金が借りたいが審査が通らない方はこちら

 

統計データから紐解いてみると、カードローン利用者の半数以上が、
お金を借りる目的として、『生活費のため』『交際費・付き合い』と答えています。

 

 

キャッシングといいますと、何となくギャンブルや借金の返済のために・・
こんなイメージが強いかもしれませんが、実はそんなことはなく、
ホントに些細なきっかけなんですね。

 

 

最も、ギャンブルや非合法的なものに対して借り入れをすることは、
決していいことではありませんね。

 

 

現在では、2016年の統計によればカードローンやキャッシングの利用者は、
全国で約1,200万人〜1,300万人いると言われています。
つまり、10人に1人が利用しているのです。

 

 

ここから未成年の人口を差し引くと、日本人人口の20%以上が
消費者金融から何らかの借り入れをしているということになります。

 

 

それだけカードローンが一般的になっているのかもしれません。
特に傾向としては少額、短期の利用が増えてきているの現状です。

 

 

あなたは、今すぐにお金を借りる必要があるのですか?

 

そのお金は何のために必要なお金ですか。

 

レジャーですか?

 

次の給料日までの一時的なものですか?

 

教育資金ですか?

 

はたまた、借入金の返済ですか・・・?

 

 

もし、今ある借金を返済することができたら、
あなたの人生変わりますか?

 

もし今現金が10万円あったら、あなたの人生変わりますか
 
            
○ 過去に金融事故などがあってブラックの方はこちら

 

 

「借入金の返済期日が迫っているが、返せるめどが立たない」
「毎月借り入れ金を返済しているのに、借金が減らない」

 

 

 

「金融事故などでブラックリストに載って誰もお金を貸してくれませんか?」
このように、普段の生活の中でこのような金銭トラブルはたくさんありますね。

 

 

金銭トラブルが解決できなくて、夜逃げしたり、自殺したり、
居留守などを使ってトラブルを解決しようとしていませんか?

 

 

あなたが、そのような解決法を選んだら、

 

あなたの人生は終わりになってしまいますよ!

 

では、あなたがお金が借りたいが、
「借りれない」という問題をどのように解決したらいいのでしょうか?

 

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

私が実際に経験したブラック殿堂入りとその解決方法

私も一時期ブラックリストに苦しんだ経験があるからです。

 

私がどのようにして、ブラックリストから脱出することができたのか? 

 

私の場合は、もうすでに返済が終わっていると思っていた銀行より、
なんの相談もなく、なんの話し合いもなく、いきなりでしたが、
20年前の借入金が残っているから返済してください。

 

 

元本8万円に対してその間の金利が13万円で合計21万円
すぐに返済して欲しいというものでした。

 

 

私はそのような借りれ金があるということは全く知りませんでしたので、
まさか、そんな前の借入金が今頃になって、ハガキ一枚で請求されるのは
理不尽な話ですので、無視してありました。

 

 

そうしますと1ヶ月後に、またハガキがきまして
「あなたの債権は信用保証協会に移されました」
というのです。

 

 

そして信用保証協会から、今度は返済元本金合計21万円プラス10万円
手数料が増加されて31万円全額を即日に返済するように、催告が来たのです。

 

 

もちろん、そのような催告にしても、私は、もちろん無視しづけました。
するとしばらくしてから、とんでもないことが起こり始めたのです。
私はその時、クレジットカードを4枚、カードローンを1枚持っていましたが

 

 

そのすべてのカード会社から、

 
「あなたのカードは使用できなくなりましたので破棄してください」
との通知がありました。

 

その時点で、私の返済遅延情報がブラックとして、
信用情報機関に一斉に流されたということになります。

 

 

銀行からの借り入れですから、全銀協、日本信用情報機関、CICなど
すべての大手信用情報機関に通報されたことかと思います。

 

 

このようになってから、わたしもちょっと焦りましたね・・・
 
カードがなくなったら、支払いとか、買い物とか、とても不便になるからです。
一番困ったことは、ETCが使用不能になったことです。

 

 

私の仕事は、営業の仕事ですから、高速道路を使うこと多いですから、
ETCカードが使用できないと、とても不便になってしまうからです。
もちろん、カードでの借り入れもできません。

 

 

ところが、なぜか一枚のカードだけ使用中止の通知もなく
そのまま使用できるではありませんか・・・

 

「ラッキー」って感じですね。

 

その事件があってから、その会社のカードだけは、あまり特典はないですが、
恩を感じて使い続けていますが・・・・

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

さて、債権はどうなったかといいますと、数年しましたら今度は、
信用保証協会から日本債権回収会社なるところに債権が譲渡
され、今度は手数料も含めて50万円すぐ支払いくださいとのこと。

 

 

さすがにわたしも頭にきまして、
その会社に内容証明郵便で「債権時効証明」を送付しました。 

 

返事は、「この債権はこちらに譲渡されてから、
まだ1年しか立っていないから、時効は成立していない」というのですね。

 

 

でも、民法によれば、
債権譲渡されていても時効の進行に影響することはないと定められています。

 

 

簡単に言えば、不良債権の場合は次々に債権が譲渡されることが
多いわけですから、そのたびに時効が中断するわけはないということです。

 

 

したがって、私が内容証明郵便で「債権時効証明」を送付してから、
6か月以内に訴訟が起こされなかったために、完全に今後も請求はあっても、
「時効の援用」を盾にして、支払い義務がないことを主張できるのです。
 

 

不良債権回収を仕事とする会社の業務とは?

不良債権回収を仕事とする会社では、バルクセールといって不良債権をまとめて買い取ります。買い取った不良債権には、消滅時効期間を経過した債権が多数存在しており、サービーサーでは消滅時効期間が経過した債権についても請求を行います。このときに、絶対に少しの金額でも支払いしたり、払いますというような約束をしないでください。この請求に応じて、一度でも支払いをしてしまうと、時効がリセットされ、その時点から再進行していくことになります。

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

○ 多重債務で毎月の返済が苦しいという方はこちら

 

 

ネット情報社会になりますと、どこからかあなたの情報が流失して、
見覚えのない契約書とか、スマホやメールで請求書などが、
送られてくることがありますね。

 

 

あなたも、そのような体験をされたことがあるかもしれません。
しかし、メールに来る見覚えのない請求書や契約書などには
絶対に開封したり、先方に電話したりしないで下さい。

 

 

そのようなメールはウィルスが乗せられていたりしますので
開封しますと大変なことになる場合があります。

 

消滅時効期間が経過した債権についても請求

また、消滅時効期間が経過した債権についても請求が来る場合がありますので、
間違えてわずかな金額でも絶対に返済しないでください。
その時点で、時効の援用が停止して無効の債権が有効債権になってしまうからです。

 

 

私のばあいは、銀行から請求書が来た時点で、
すでに時効が成立しているわけですから、
私はそのまま、その債権会社の請求を無視しつづけていました。

 

 

請求といっても、ハガキで「早く一括で払ってください」
との文面だけですから・・・
いまだにその問題は未解決のはずなんですが・・・

 

 

本当にその債権が有効で、支払い請求が法律上も可能な場合は、
債権会社としては、裁判訴訟を起こしても回収しようとするはずですが、

 

 

そのような実力行使がないということは、請求に対して法的根拠が
ないということなんですね。

 

これは、私に対して債権回収会社から定期的に送付される請求書です
 20年以上たっていますが、いまだに定期的に送付されてきます。

 

 

わずか8万円の債権が二十数年で
71万円と言う驚くべき数字になっています。
いまだに定期的に、金利分を増加しての請求書が来ています。

 

カードローン、キャッシングなどは、基本的には時効が成立してから
5年以上、または金融事故の種類によっては10年以上経過しないと、
新規申し込みしても審査が通りません。

 

 

それから、まだ2年しか経っていませんので、
私のブラックデーターはまだ残っているはずなんですが、

 

 

今ではどこの会社のクレジットカードも作れますし、
消費者金融のカードローンも作ることができます。

 

 

先日はアコムやプロミスのカードも作りました。
銀行からの借り入れも何の問題もなく借りることができます。

 

先日、日本信用情報機関とシーアイシーに「信用情報開示」を請求して、
私の信用情報を見ましたら、なんと事故歴一切なしの報告書なんですね。

 

 

 

これがCIC信用情報開示に対する回答書です。

 

 

これを見ますと
割賦残債額 0円
年間請求予定額 0円
支払いの遅延 無し

 

36番の残高は62764円となっていますが、
これはクレジットカード支払い残高です。
毎月1回払いの金額が残高として載っているだけです。

 

38番の契約額極度額は100万円となっています。
これは、キャッシング枠も含めて100万円までは貸出できますよという意味です。
クレジットカードやキャッシングは正常に使用できるということを示しています。

 

このように、いつの間にか私のブラック情報は消えてしまっているではありませんか。

 

ブラック認定されても、1枚だけ残ったカードは大手の有名なカード会社のものです。
そこにブラック情報が行かないはずがありません。
でもなぜか、使用可能なんですね。

 

そして、まだブラックリストが残っているはずなんですが、
なぜか消えてしまった私のブラック情報はどこに行ってしまったのでしょうか?

 

こんな私の経験から、本当にブラックと言われている人でも、
必ずどこかにそこから抜け出す道がある、と確信しました。

 

ですから、もし、あなたがブラックと思われているようでも、
サイトを読み進めていけば、どこかに道は開けてくると確信しています。

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

あなたは、ブラックリストに登録されているから、
もう、借り入れはできないだろう・・と思い込んでいませんか?

 

あなたは、総量規制金額を超えているから、
もう、借りれはできないだろう・・・と思い込んでいませんか?

 

あなたは、無職だから借り入れはできないだろ・・と思い込んでいませんか?

 

どうか、決してあきらめないでください。

 

私の事故情報などの解決にもありますように、
あるいは、借り入れ不可能と考えられるような人でも借入れができている
という事実や、多くの投稿、口コミがあることを知ってください!

 

 

○ 事業資金で運転資金を調達したい方はこちら

 

借り入れができた口コミ

 

同じ会社に1度落ちたが2度目に借り入れできた。

年収300万円・34歳 コンビニ店長

携帯電話の支払いもたまに遅延したり、ほかに借りている金融会社の支払いも
遅延することがあることから、たぶん金融事故情報に載っているかと思い、
借りれすることは難しいと思っていましたが、最初にアコムに10万円の
借入れを申し込みました。ほかにも銀行に借入金がありましたので、最初の
申し込みはあっさりことわられました。当時は借金がかさんでいたのが
理由なのかは分かりませんが、もう一度後日同じ条件で二度目の審査を
申し込みましたら、審査が通ってしまいました。
常識で考えても無理な状況なのに、審査が通る理由がわかりません。
不思議な会社だと思いました。

 

ダメもとで申し込んで10万円で可決

年収60万円・40歳 主婦

昨年からパートで勤務を始めましたが、週3日くらいですから、
収入は60万円くらいですからいろんな口コミや、金融関係の評判見ても、
とても借り入れは無理かと思っていました。
他社2件88万円借り入れ中。急な入り用でプロミスとアコムに申し込みましたが、
否決されました。ダメ元でレディースレイクに電話したら可決でした。
30万円希望でしたが10万円の可決でした。即日融資もしていただき助かりました。

 

消費者金融3社から合計120万円借入れあり・ダメもとで申込み

年収430万円・39歳 保険会社勤務 男性

プロミス・アコム・モビットの3社から合計120万円の借り入れがあり、
借入総量規制にぎりぎりの状態です。
今回、突然の大きな出費が必要になり、たぶん審査に通らないだろうと
思っていましたがプロミス・アコム・モビットの増額をお願いしました。
案の定、やはり総量規制額の問題かと思いますが、すべて申し込みを断られました。
大手消費者金融では、難しいかと思い、中小ではありますがラフィティに審査を
依頼しました。いろいろなことを、質問され、しばらく待ってほしいとのことで、
約10日ほど待たされましたが、50万円の希望額に対して30万円でOKがでました。
ダメもとでしたから、ラッキーでした。ありがとうございました。

 

大手の消費者金融6社すべてから否決されました

年収350万円・28歳 建設会社勤務男性

最近、新しい車に買い替えしたために、かなり大きな出費をしましたので、生活費が
かなり苦しくなってきました。
最近は、毎日ラーメン生活が続いています。
現在は、車のローンが毎月5万円とほかにパソコンのローンが1万円で、
合計の借り入れ残高が200万円ほどあります。
あと1年後にはパソコンのローンが終わりますので少しは楽になると思いますので、
それまでのつなぎ資金として、30万円ほど借り入れしたいのですが、
どこの金融会社でも否決されてしまいました。
最後の手段として、東京スター銀行というところに、30万円の申し込みを
してみましたところ、なぜかわかりませんが、あっさり可決してしまいました。
何を基準に審査しているのか不思議でたまりません。

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

私の経験やほかの人たちの経験談を聞いても、
金融業界には、私たちが理解できないような不可思議なことが起こります。

 

どうか、消してあきらめないでください。

 

では、
なぜ、あなたはお金を借りることができないのか?

 

金融会社の審査はどのようにして行われるのか?

 

申し込みから貸出までの順序

1・ネット、無人貸出機、店頭などで申し込み。

 

2・審査基準に沿って書類審査をする。

 

3・クレヒスなどを保証協会を使って調査する。

 

4・審査が通過すれば振り込み、カードからキャッシングできる。

 

カードローン審査に通過する為の重要な書類審査

 

カードローン審査では、勤務先と収入が最重要審査項目

 

あなたがどこに勤めているのかは重要な審査項項目であることは間違いありません。
では、どのような勤務先がいいのかといえば、

 

 

やはり、安定した収入があり、倒産したりする心配がない職場といえば
公務員⇒大手会社正社員⇒派遣・契約社員⇒パート・アルバイトの順序で
審査が通りやすくなるのは、どこでも同じですね。

 

 

借り入れがしにくい業種は、自営業者、日雇い労務者、経営者、
フリーランスなどは収入が安定していませんので
自営業者や経営者専用の貸金業者を利用するのがいいでしょうね。

 

ほかには、その職業の勤務年数は結構、審査通過に影響します。

 

勤務先の有無が確認出来て安定した会社である=返済能力があるにつながる。

 

 

審査項目書類はうそを書いては絶対にダメです。

 

という感じで審査が通る方法が伝授されていることが多いですが、
「嘘も方便」という言葉もありますように、嘘にならない程度に、
審査を通過するためには、自分を少しでも良くする方法を考えること。

 

 

● アルバイトの場合は、月によって給料の多い少ないがありますから、
  できれば、一番、たくさんもらった月のものを申告する。
  (直近3か月のものなどの規制がある場合は使えないかも)

● もしアルバイト掛け持ちしているようならば、
  勤続年数が長いところの勤務先を申告する。

 

● もし、現在無職の場合は、当然審査が通りませんから、
  とりあえず、どこでもいいですから派遣社員に登録してから申し込み。

 

 

初めての借り入れの場合は、借入金額を最低の金額にする。

 

● 初めての場合は、必要な金額にもよりますが、
  自分のクレヒスに自信がない場合は5〜10万円から始める。

 

  限度額を5〜10万円くらいの金額に設定しても審査が通らない場合は、
  別の原因でダメな場合がありますから、もう一度、自分の収入環境とか
  が、合わないということですから、よく考えなおしてみる。

 

● 借入金額を少なくすることによるメリットは

 

 

限度金額を低くして申し込むと、この人は金銭感覚が優れていて
    返済計画ができているとみられるから、借りやすくなる。

 

 

最近は総量規制が厳しくなっていますから、借入金額を少なくすることによる
    総量規制金額内で借り入れできるから借りやすくなる。

 

 

カードローンの審査に通れば、その後に金融事故や返済の遅延などもなければ
    信用が得られて、その後の増額要求に希望通りに答えてもらえる。

 

消費者金融の借り入れでは、上記のように3つの要件が整っていれば、
特に問題なく借り入れができるはずです。

 

というものの、大手の消費者金融の貸出可決率は35〜50%くらいですから、
半分以上は、審査が通らないということですね。

 

○ 専業主婦、年金生活、パートの方はこちら
 

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

50%以上の人がなぜ審査が通らないのか?

 

標準的な審査はどのようにして行われるの?

 

「属性スコアリング」の調査

 

審査の基本的なことは「属性スコアリング」といわれる
あなたの生活がどのようなものか。ということを(属性)
点数化して、融資が可能か、可能ならいくらまでかを判断します。

 

「属性スコアリング」の項目とは

 

あなたの勤務先と勤続年数

公務員⇒大手会社正社員⇒派遣・契約社員⇒パート・アルバイトの
順序で審査が通りやすくなる。
もちろん、勤続年数は長いほど有利になります。

 

あなたの勤務先の雇用形態

雇用形態とは、正社員が一番有利に判定されますが、
バート、アルバイト、契約社員でも借り入れは可能です。

 

あなたの年収

年収はボーナスや臨時収入なども含めての年間収入です。
最低で100万円であっても、審査は通過しますが、
貸出金額はあまりい多くは期待できないでしょう。

 

あなたの健康保険証の種類

健康保険の種類は年収よりも重要な審査項目として考えられることがあります。
企業健康保険や団体健康保険は年収が少なくても、貸出OKの場合もあります。

 

あなたの家族構成

常識的に考えて、周りに迷惑がかかる人が多いほど、
審査が通りやすい傾向です。
つまり、家族とともに生活している人ほど、評価が高くなる。

 

あなたの住居形態と居住年数

住居年数は長いほど良いですが、もちろん賃貸住宅に住んでいるよりも
ローン無しの持ち家住宅のほうが有利です。

 

 

○ 消費者金融以外でお金を借りる方法はこちら
 

「クレヒスの調査」

 

クレジットヒストリーとは、その名の通り、あなたが今まで
クレジットやカードローンを利用してきた履歴の事をいいます。

 

毎月定期的に利用して、長い期間に延滞も無ければとても良いクレヒス履歴ですし、
逆に、延滞ばかりしているようでは、この人は信用できないという悪い履歴になります。

 

 

それ以外にも、延滞ばかりしていると通常は強制解約されますので、
あまり使用しなくて長年持ち続けているだけでも、プラスのクレヒス履歴になります。

 

 

このヒストリーは、大変大切なものです。情報の良い・悪いで、
クレジットカードやカードローンが新規に作りやすくなったり、

 

 

作りづらくなったりと、審査の通過に大きく影響しますから、
いったん、カードを利用するようになったら、返済金の延滞は、
絶対にしてはいけません。

 

 

初めてカードローンやクレジットカードを作るあなたへ

 

初めてカードローンやクレジットカードを利用する場合は、ちょっと考えると
何も金融事故がありませんから、審査が有利になるような気がしますが、
実は、キャッシング業界における評価はそうではありません。

 

 

キャッシング業者は、長期間、繰り返し取引(借入)をしてくれて、
返済も滞ることなく返済してくれる顧客を求めています。

 

 

そのため、初めてカードローンやクレジットカードを利用する場合よりも、
取引実績があり、取引期間が長く、それでいて自分の収入相当の借り入れがあり、
キャッシング履歴の長い方が、審査で高い評価をうけることになるのです。

 

 

○ どこ銀行や消費者金融も通らない方はこちら

 

「クレヒスの調査」項目

クレヒスの調査はあなたのクレジットカードやカードローンの
取引実績・取引期間・現在の借入残高・他社借入件数・金融事故情報
などが調査されます。

 

「クレヒスの調査」項目で重要視されているのは

 

借り入れ金額が異常に多い場合

現在の借入残高が年収に比較して、あまりにも金額が多すぎる場合
もちろん、年収の1/3以上は総量規制で借り入れできませんが、

 

おまとめローンや銀行のカードローンは総量規制がありませんので、
総量規制以上の借り入れをしている場合は、審査が通りにくくなります。

 

 

借り入れの金融会社の数が多い場合

他社借入件数で重要視されることは、借り入れの総額ではなくて、
借り入れの会社の件数が問題なのです。

 

 

例えば、総額で50万円かりしているひとが、5社から10万円づつ
借り入れている場合と、1社から50万円借りている場合は、後者のほうが
圧倒的に信用度が高いということになります。

 

 

信用情報機関にこの人は過去に、金融事故があったと記録される場合

このような状態になっている人を一般的には「ブラック情報」といっていますが
信用情報機関に、この人は「ブラック」ですという記録が記載されているわけではない

 

ということを知ることが、今後のあなたの借り入れにとても重要なことになるのです。

 

 

 

 

 

金融事故記録ブラック

 

金融事故として信用情報機関に記録されるものは、
小さな事故から大きな事故まですべての情報が、記録されているわけですから
あなたが、申し込みでうその情報を書き込んでもすべてわかってしまいます。

 

申し込みをした記録

 

例えば、これは金融事故ではありませが、「申し込みをした」という記録まで
ちなみに、申込みの記録は6カ月間保存されます。

 

信用情報機関の申込み記録
 

上記は楽天カード申し込みしたときの信用情報記録です。
通常、6ヵ月でこの情報は消去されます。

 

ですから、もしあなたが審査が通らないからとか、面倒だからと、
思って1ヶ月以内に3件以上申し込んでしまうと、その後 新規で借入れを
申込んでも断られることが多いようです。

 

1ヶ月以内に3件以上申し込んでも、審査が通る場合があるのはどうして?

 

 

信用情報機関への申込み記録は、審査が終了してから登録される場合がほとんどです。
もし、あなたが、同時に数社のキャッシング申請をした場合は、

 

 

審査中は、申し込み記録がまだ登録されていませんので、
信用情報機関へ紹介しても、同時申し込みの記録が出てきません。

 

 

このために、申し込み記録が登録されるまでの、
空白期間を利用して申し込みをしますと同時申し込みをしても、
審査が通過してしまうケースがあります。
 
 

 

○ 過去に金融事故などがあってブラックの方はこちら
 

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

金融事故の主なもの

 

◯ 返済の短期延滞

◯ 返済の長期延滞

◯ 任意整理

◯ 債務整理

◯ 特定調停

◯ 自己破産

◯ 個人再生

◯ 代位弁済

◯ 強制解約

 
金融事故として信用情報機関に記録されるものは、以上ような種類がありますが、
この事故記録は、日本を代表する3大信用情報機関に登録されることになりますが、

 

すべての情報が、すべての情報機関に登録されるというわけではなくて、
3大信用情報機関に加盟している金融機関、クレジット会社、消費者金融会社

 

3大信用情報機関の情報を共有しているために、どこの情報機関の情報も
見ることができるということです。

 

日本の3つの信用情報機関

 

日本信用情報機構(JICC)

シー・アイ・シー(CIC)

全国銀行個人信用情報センター


 

銀行・消費者金融・クレジットカード会社などは、

 

必要に応じてどの信用情報機関にもアクセスが可能ですから、
私たちの金融情報は丸裸にされるわけです。

 

金融事故情報の登録されている期間

金融事故情報の登録されている期間は、信用情報機関にもより少し異なる場合が
ありますが、おおむね、金融事故の種類によって違いますが、5〜10年間位です。

 

 

軽微な返済遅延などの場合は、登録されない場合もあります。
また、すぐに返済すれば、すぐに登録が解除される場合もあります。

 

 

JICC、CICの場合、短期の延滞は登録されません。
全銀協の場合、月をまたいで延滞すると
その情報が登録されますので、注意が必要です。

 

 

短期延滞は金融事故にあたりませんので、
審査にはあまり影響することは少ないようですが、
全銀協の場合は、その記録が2年間残ります。

 

 

社会問題となっている電話料金と奨学金の延滞

現代社会では携帯電話無しの生活は考えられなくなっっています。
スマホ主流の時代になり、電話機の代金も高額になっているため、
ほとんどの人が電話機代はローン契約となり、その時点で数万円の
借入金が発生します。

 

 

でも、電話代金込みで請求書が来るために、電話機代のローンを
払っているという自覚がなく、軽い気持ちで電話料金を払い忘れたり、

 

 

引き落とし口座の金額が不足して、振替不能状態になるケースが続発しています。
このようなことが、たびたび起きたり、長期延滞になると、金融事故として
信用情報機関に登録されることになります。

 

 

また、奨学金の延滞についてですが、奨学金の場合は、借入れをするときに、
金融機関、または奨学金基金との金銭貸借契約をしますから、返済が滞ると、
金融事故として信用情報機関に登録されることになります。

 

 

ほとんど、場合このような事実が金融事故であるという自覚がないために、
その後、クレジットカードやカードローンを申請したとき、マイナス要素として
審査通過に大きな影響を与えているようです。

 

 

審査が通らないあなた!

 

なぜあなたは、審査が通らないのでしょうか?

消費者金融や銀行のカードローンの審査通過には「属性スコアリング」は、
大きな影響を与えますが、あなたの年収をすぐ変えたり、住所を変更したり、
家族環境などの生活基盤をすぐに変更したりすることはできませんね。

 

 

審査に大きく影響する原因は、あなたの「クレジットヒストリー」なのです。
そして、このクレヒスは、それぞれ各個人によって千差万別の物語があります。

 

 

また、そのあなたのクレヒスをどのように判断するかは、
審査する人間の個人的な判断が大きく左右するのです。

 

 

「10秒簡易審査」などというものがありますが、これはあくまでも、
コンピューターによる機械的な判断です。

 

 

最終的に、貸し出しをあなたにするかどうか担当者の胸の中
あるということを、よく考えて、借り入れの申し込みしましょう。

 

>>すぐにお金を借りる手続きをしたい<<ここをクリック!

 

あなたのクレジットヒストリーは大丈夫ですか?

1・信用情報に長期延滞・債務整理・代位弁済・強制解約

などの事故情報が登録されていませんか?

 

2・銀行からの借り入れを除いて、消費者金融からの借り入れ額

が年収の3分の1以上になっていませんか。

 

3・電話代金やガス代など簡易な代金の短期の延滞を繰り返していませんか?

 

4・消費者金融や、クレカキャッシング、銀行の借り入れ

があなたの年収の30%以上になっていませんか?

 

5・消費者金融・クレジットカード会社の貸金業者からの借入れが5件以上

になっていませんか?

 

6・最近、同時に3〜4件以上の申し込みをしたことはありませんか?

 

7・申し込みをするときに、嘘の情報を記入したりしたことはありませんか?

 

あなたのクレジットヒストリーの中で、以上のような借り入れに対して
マイナスとなるような行為や状態になっていませんか?

 

 

もし、あなたがマイナスの要因になるようなことがあれば、できるだけ
その状態を解消するようにして、あなたが審査通過しやすいような状況を
作り出すことが、一番重要なことなんですよ。

 

 

あなたのクレジットヒストリーは、審査に悪影響を与える可能性がある
ことは間違いありませんが、事故を起こしていなくても、信用情報が原因で
審査に落ちることがあります。

 

 

また、事故を起こしていても、過去のことはあまり重要項目にしないで、現在の
状況を判断して、貸し出しをしてくれる、金融機関や消費者金融もあります。

 

 

あなたは、今すぐにお金を借りたいのですね!
でも、いろいろな事情で、借り入れができないのですか?
申し込んでも断られているのですか?

 

 

銀行や消費者金融業界、クレジット会社などに、魑魅魍魎(ちみもうりょう)
の妖怪が住んでいるのです。

 

 

あなたの、想像を超える不可思議な世界なのですね・・・
不安定な時代だからこそ、常識が通用しない世界なのですね・・・

 

 

お金を借りるために、あなたがまずしなければいけないことは

 

「行動を起こすこと」

 

なんですよ!

 

さあ、今すぐ借り入れ申し込みの準備をしよう!

金融事故が過去にあるから、ダメだろう
収入が少ないから、申し込んでもダメだろう

 

 

借入金が多すぎるからダメだろう
返済の遅延やたびたび引き落とし不能だからダメだろう

 

 

○○だから借り入れができないという理由ではなくて
あなたが行動しないからダメなんですよね・・・

 

 

行動して前向きに生きるあなたにこそ、人生の花が咲くのです!
今すぐ・・・あなたは行動すべきではないですか?

 

絶体絶命のピンチに立ち直るためには「ダメ元精神」が必要です。

 

行動すれば、あなたの望んでいる幸せな人生が送れるのですよ!
行動すれば、あなたの欲しいものが手に入るのですよ!

 

本当にお金が借りられるの?クリック ↓↓↓

あなたがどのように行動したらよいか下記をクリック!

 

これが賢い消費者金融からの借り方だ!クリック!

 

 

金融問題解決相談コーナー

このサイトでは、訪問者の皆様に少しでも役立つように
金融全般に関する質問を無料にてご相談させて頂きます。

 

下記のご質問フォームより、お名前、メールアドレス、質問内容
をご記入の上、送信してください。

 

ご質問のお答えについては、できるだけ早く(通常は1週間以内)
返信させていただきますが、込み合っている場合は、返信が遅れる
場合もありますので、ご了承ください。

 

金融ご相談フォームはこちらから

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。